• ホーム
  • なぜ被リンク対策がSEOにとって非常に重要なのか

なぜ被リンク対策がSEOにとって非常に重要なのか

パソコンを使っている人

被リンク対策、つまり外部SEO対策はSEOにとても重要だと以前から言われていますが、単なるテクニックの話ではなくどうして外部対策が必要なのかということをしっかりと理解しておきましょう。
まず「外部対策」とはウェブサイト内の改善という意味ではなく外部からはいるサイトの評価を高める施策のことです。
要するにWebサイトに他サイトからリンクを貼られるようにする対策ということになります。
これは「外部SEO対策」「外部リンク対策」「バックリンク対策」などと呼ばれます。

なぜこの外側のウェブサイトにリンクを貼られることが重要なのでしょうか。
SEOはまずユーザーにとって役に立つ情報かどうかということや検索エンジンにわかりやすいように構成され記述されているという「内的」なSEOを基本としているものの、それだけでは本当に良質なコンテンツなのかどうかということが判断できるとは言えません。
検索されたキーワードに関するコンテンツがこのような内容を書いており、しっかり整理されているというところまでは内的なSEOだけで判断ができますが、そのコンテンツの本当の質やユーザーからどれほど価値があるかということまでは判断できないためです。
人間にとってはとても面白く思えるようなことでも検索エンジンにそのような感情や感覚があるわけではなく、また人間にすごい為になると思えるようなコンテンツであったとしても検索エンジンには為になるのかどうかということが判断できません。

どのような情報がそこにあるかという点だけしかコンピューターは判断できないのです。
したがって上位に表示されるコンテンツの価値を判断するためには、別のサイトからリンクが貼られていれば価値が高いと判断するという基準にすれば良いのです。
キーワード順位の上昇コンテンツの向上と、被リンク対策によってなされます。
だから順位を上げるには被リンク対策をしっかりと行う必要が出てきます。

もちろん被リンクといっても単に他の一般的なウェブサイトやブログからの被リンク獲得だけではなく、現在ではソーシャルメディア上でどれだけ話題になっているかという点も無視できない指標になりつつあります。
TwitterやFacebookなどでどれだけ話題になっているか、という点もWebコンテンツの価値を評価するにあたって指標となり得るのです。
ソーシャルメディア上のリンクとウェブサイトやブログなどから参照されるヒーリングの持つ意味は少し違うとはいえ、ユーザーが自発的に紹介してくれるウェブサイトの検索を検索エンジンが評価したいと考えている姿勢は変わっていません。
無理やりそのような被リンクを貼って順位を上位にすることは現在では難しくなっていますが、一つの対策としてやはり落とせません。