• ホーム
  • コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違いはなにか

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違いはなにか

SNSのアイコン

「コンテンツマーケティング」と「コンテンツSEO」はよく混同して使ってしまうことがあるのですが、これらの二つは明確に違いがあります。
その違いをしっかりと理解していきましょう。
コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの中の一つと考えれば分かりやすいです。
両者は同じではなく、一つの中にもう一つがあると考えれば良いです。

コンテンツSEOとは上記で説明した通り検索順位を上げる目的のSEO対策のうちの一つ。
外部からリンクを増やしたりサイト内部の構造をしっかりと見直していくことであり、ユーザーにとって有益な内容を公開することで潜在顧客をしっかりと検索エンジンから集客していきます。
つまりコンテンツマーケティングはこれと、外部対策被リンク対策からなるものなのです。
比較しようとしても、どちらも同じくらいの比率で大切なので比較は難しいと言えるでしょう。

コンテンツSEOは自然検索から入ってくるアクセスする人の数やコンバージョン率をアップするために、ユーザーが必要としているコンテンツは何かということを真剣に考え、目的をしっかりと理解して集客を上げていきます。
それに見合った情報を継続して制作発信していくこと。
ユーザーの求める内容を継続し制作と発信をすることによって、検索エンジンにおいて検索結果の上位に表示されやすくなりそのため訪問者が増えるので、結果的に顧客やコンバージョンの数も増えるということが言えます。

SEOが進化してきたの理由は検索エンジンの検索基準が次第に精度が上がってきたせいだということは説明しました。
リンクを多く貼っているだけでは順位を上げることができなくなってしまったのです。
例えば被リンクが増えるとGoogleの順位が上がるということを逆手に取り、SEOのためにクイリングを販売する業者も現れたほどでした。
ユーザーにとっては全くサービス性、価値がないようなサイトでもリンクをたくさん貼ることにより検索結果の上位に上がるようになったため、その被リンクだけではなく内容の質もかなり大切にして検索結果での表示順をしっかりと判断するようになりました。
なので情報が幅広く詰め込まれていたり特定のトピックについて深掘りしている内容が評価を受けやすくなっており、それに対する対策をすることが重要です。
それに被リンク対策も含めた方法がサービスや、マーケティングという方法になるのです。