• ホーム
  • コンテンツSEOの説明と、実践するためのポイント

コンテンツSEOの説明と、実践するためのポイント

タブレット

コンテンツSEOとは上記の被リンク対策などといった外部的要素ではなく、内部的要素の方を大切にして検索順位を上げていこうとする施策のことです。
したがって新しい考え方なのではなく、今まであった考え方であり簡単に言えば検索エンジンからもユーザーからもしっかりと評価される情報を定期的にアップすることによってサイトの質を高めていこうという考え、目的で運営していくことがコンテンツSEOです。
問い合わせの数や会員の数を増やし、それによって売上向上につなげていくのがコンテンツSEOの最終的な目的です。

最近になってコンテンツSEOというキーワードが盛んに使われるようになりましたが、その一番の要因はかなり検索エンジンの精度が上がってきたと言うことでしょう。
検索順位の決め方であるアルゴリズムを検索エンジンはいくつかのパターンに分けることによって定期的にアップデートしますが、GoogleはコンテンツSEOと関係が深いパンダアルゴリズムというものを使ってユーザーのコンテンツの質を判断しています。
パンダアルゴリズムはホームページ内のコンテンツの中身を調べる方法アルゴリズムのことであり、記事キーワードはもちろん、記事のオリジナル性や有益性などもしっかり見ています。
このパンダアルゴリズムが複数回アップデートされたのは2014年でそれからかなり要素の採点方法が厳しくなりました。
その結果外部的要素対策が非常に大切だと言われていた考え方が大きく変わったのです。

実践する際のポイントは二つあります。
まず一つ目は検索エンジンが一体どのようなコンテンツが質が高いと判断するかをしっかり理解しておくことです。
検索エンジンがサイトの良し悪しを決定するロジックはいくつか軸がありそのロジックが定期的に変化していきます。
これをしっかりと理解し定期的にキャッチアップすることができる状態を保っておくことが重要になります。

また検索ユーザーはどのようなコンテンツを求めているかという点も重要です。
コンピューターだけではなく人間の人数もしっかりと理解するのです。
売り手が売りたいもの買い手が欲しいものが反比例しているような場合は検索順位が下がってきてしまいます。
SEOで一時的に上位表示された場合でもユーザーが有意義だと感じる情報がなければ離脱が増え、その結果順位が次第に下がっていくようになっているのです。
どういったことのニーズがあるかという点についてしっかりと考えておく必要があります。