• ホーム
  • SEOキーワードの選定方法をしっかりと理解しよう

SEOキーワードの選定方法をしっかりと理解しよう

SEOで成果を出すためにはキーワードの選定はとても重要なポイントですが、そのキーワードの選定の仕方などを丁寧に行わないとなかなか成果が出ません。
サイトの検索のニーズと対策したキーワードがずれていたり、安易な方法で間違った選び方などをしてしまうとなかなか順位に反映されないのです。
例えばアクセス解析というワードを選んだ場合、アクセス解析ツールを探しているかアクセス解析のやり方を検索しているかという点でページ内容は大きく変わるわけですが、なんとなく思い浮かんだワードをなんとなく設定してしまうとたくさんの集客を行えなくなってしまうのです。
ユーザーニーズとページ内容とのズレや安易にワードを選んでしまうと、ライブ制作がうまくいかず順位に反映されないということがよくあります。

具体的にワードを選定するためには三つのステップを踏めば良いでしょう。
ステップ1はワードをしっかりリストアップすることです。
とにかくたくさんのキーワードをリストアップし、そこから記事をどのようなコンテンツにするか決めていくのが効率的です。
しかしキーワードはなかなか出てきませんがプロでも使っている便利なツールがユーザーの検索経路から、関連ワードを教えてくれるキーワードプランナーや同時にウッドキーワードというツールなどをうまく使うとワードを簡単に探すことができます。
特にGoogleAdWordsのキーワードプランナーはGoogle自体が提供している無料ツールで関連度が高いワードを見つけることができたり、さまざまなワードを検索ボリュームから比較できるなど非常に便利な機能が充実しています。

続いてキーワードプランナーで検索のボリュームをしっかりと調査するというのがステップ2として大切なことになります。
検索ボリュームは多すぎても少なすぎても駄目で100から1000程度のボリュームが競合があまりなく狙い目のワードと言えるでしょ。
検索ボリュームが多すぎるとライバルがあまりにも多すぎて上位表示が厳しくなるのです。
SEO初心者でも上位表示を狙いやすいのが100から1000程度の検索ボリュームになっているものです。

そしてステップ3はワードをしっかりと絞り込んでいくことが重要になります。
適切な検索ボリュームから選ぶということは既に言いましたが、自社のコンテンツと関連性がしっかり高いかということを考えながらワードを優先して絞り込んでいきましょう。
サイト全体を通してコンテンツと関連性の高いワードは検索エンジンからの強化アップにつながります。